クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルと緑膿菌の病気

 

 

緑膿菌が繁殖をする爪の病気といえばグリーンネイルです。
このグリーンネイルは爪の病気なのですが、ネイルを楽しんでいる方も多いとは思いますが、同時にグリーンネイルで悩んでいる女性も増えているのです。

 

グリーンネイルというのは爪にカビが生えている状態になります。
健康な人であれば問題はありませんが、抵抗力が低下している人の場合にはさらに症状が酷くなってしまうこともあります。

 

では、このグリーンネイルの原因、そして治療についてですが、グリーンネイルというのは人工爪を着けていることが原因となっているのです。
人工爪を着けてしばらく時間が経過すると、爪と人工爪との間に少しずつ隙間ができるようになります。
その結果、そこに雑菌が繁殖してしまい、緑膿菌と呼ばれるカビが生えるのです。

 

カビが生えてしまった場合にはすぐにでもスカルプチャーを外すようにしてください。
カビが生えている部分というのは、爪が伸びなくなりますので、爪の部分を消毒してとにかく清潔に保つことが重要です。

 

ベストなのはカビが生えてしまっている部分を削る、ということです。
しかし難しいことも多いですので、消毒をするというのが一番手っ取り早い方法だといえます。

 

 

グリーンネイル治療中の家事など

3本の指の爪がグリーンネイルになったので皮膚科に行きました。
爪の間に注射したり剥がされたりするのでは?とビクビクしていたのですが、普通に診察して終わり。
薬も塗るタイプのもので、痛い思いはしなくて済んだので安心しました。
ちなみにグリーンネイルになっても家事などの水仕事は普通に行って大丈夫みたいです。
濡らさないためにゴム手袋を付けるのは、通気性が悪化し余計に菌を繁殖させるので良くないみたいです。
それからグリーンネイルの原因となっている緑膿菌は、免疫力の弱いお年寄りなどには悪影響を及ぼす恐れもあるそうです。
なので介護をしたりする場合だけは手袋で保護した方がいいかもしれません。
早く完治させたいです。

クリアネイル