クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルは治療が必要?

 

グリーンネイルというのはそのまま放置をしてしまっていてはいけません。
しっかりと治療をしなければなりません。

 

ジェルネイル、スカルプチュアによってグリーンネイルを発症しているのであれば、まずはスカルプチュアを外してから消毒をして、しっかりと治療するようにしましょう。
そもそも、グリーンネイルというのは爪水虫の1つとされていて、爪に緑膿菌が感染をして、爪が緑色に変色してしまうようになるのです。

 

スカルプチャーやネイルチップというのは長期的に着けたままの状態にしていると、緑膿菌が増殖してしまうようになります。
グリーンネイルになった場合には、いつもとは異なるネイルサロンに行ってから相談に乗ってもらったり、皮膚科などを受診するようにしてみましょう。

 

病院では塗り薬に飲み薬が処方をされている事も多いようです。
飲み薬の副作用を懸念している方も多いようで、家で治療したいと考えている方も多いようです。

 

グリーンネイルを改善するために必要な塗り薬というのは、ネットでも購入をすることは可能です。
塗り薬でグリーンネイルを治療することは可能ですし、誰にも気づかれずに治療をすることもできます。

 

重症になってしまっている時など、やはり緑膿菌の合併症というのは危険ですので、初期症状の場合のみ自宅で治療をしてみるようにしましょう。

クリアネイル