クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルで爪水虫

 

 

爪水虫の発症原因とされているのは白癬菌です。
この白癬菌による感染というのは爪水虫の発症原因としては最も良く知られているようです。
しかし、女性を中心としてジェルネイルを利用している方が増えているのですが、このジェルネイルが原因となってグリーンネイルを発症している方が増えているといわれているのです。

 

グリーンネイルというのは、白癬菌とは異なっている緑膿菌の感染、そして増殖が原因となってもたらされているものですので、感染をしてしまうと爪のいち部分、または全体が緑色に変化してしまうのです。

 

ジェルネイルというのは従来使用されていたネイルよりも長時間持つ、ということが人気となっているのです。
その反面、爪が成長することでジェルネイルと爪の間に隙間ができてしまい、そこに菌が侵入しやすくなるのです。

 

ジェルネイルと爪との間で菌類が培養されていき、結果的にグリーンネイルとしての症状が出るようになるのです。
この他にも白癬菌と同じで、指、そして肉と爪との間で菌が繁殖して、グリーンネイルを発症してしまうことはあります。

 

しかし、爪の上で増殖している菌を殺すためには内服薬ではあまり効果はありません。
ジェルネイルを除去してからラミシールのような殺菌薬を使用することではじめて改善する事が可能です。
また、クリアネイルをを使用することもグリーンネイルの原因菌を殺菌するうえで効果的だと言われています。

クリアネイル