クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルの対処法は?

 

 

グリーンネイルを発症した時の対処法というのはどのようなものがあるのでしょうか。
グリーンネイルになったのであれば、まずはつけ爪を取り外すことが第一です。

 

つけ爪によっては自分で取り外すことが困難である場合もあります。
そのため、ネイルサロンのような専門家に依頼をしてみるようにしましょう。

 

このグリーンネイルは、皮膚科のような専門医院で抗菌剤クリームを処方してもらい、それを使用することで治療することは可能です。
皮膚科ではネイルを取り外すというのはできないので、一旦ネイルを外してもらってから、皮膚科に行きましょう。

 

グリーンネイルを予防するうえで重要なことは、爪を清潔な状態に保つ、ということです。
しかし、ネイルが剥がれてしまうからと手を洗わないようにする方もいるようです。

 

しかし、爪を清潔に保つためにも、しっかりと手を洗うようにしましょう。
また、爪の乾燥も非常に重要です。
手洗いの後には爪をしっかりと乾燥させるようにして、ドライヤーで爪を乾かすようにしてみてください。

 

基本的にネイルというのは2週間から3週間と考えて良いでしょう。
一定期間を過ぎたら取り除いて清潔なネイルに付け替えるようにしてみてください。
そうすればグリーンネイルのリスクを軽減することができるはずです。

クリアネイル