クリアネイル 爪水虫


ネイルをするならグリーンネイルには気を付けたい

 

付け爪をし続けていると、自分の爪と付け爪との間にカビが発生してしまうそうです。
ネイルをすることのなかった昔は爪カビとは無縁でした。
しかし最近はネイルアートを楽しむことが増えてきたので、爪カビにならないように注意しています。
爪カビの代表と言われるのがグリーンネイルですね。
症状はいくつかあって、初期の段階だとまだ緑色にはならないようです。
初期は白っぽくかなり傷んだ爪のように見えますが、きちんと処理をすれば短期間で元に戻ります。
これが重度になるとグリーンネイルという名前から想像できるような、緑色をした爪になってしまうんです。
ここまで行ってしまうとちゃんと皮膚科で治療した方が良いでしょうね。

 

ジェルネイルはグリーンネイルになりやすい

 

ネイルには今まであまり興味がありませんでした。
爪にデコレーションするのが好きではなかったんです。
ただ、一度ジェルネイルを体験してみると意外と可愛くて、それから定期的にネイルをするようになりました。
しかしやり方が間違っていたのか、爪がグリーンネイルと化してしまったのです。
緑に変色した爪を見た時は本当にびっくりしました。
グリーンネイルになってしまう理由は、爪の上に緑膿菌が生えてしまうからなんだとか。
グロテスクな色で自分で見ても気持ちが悪いです。
ここまでなると自力では治せないみたいなので皮膚科に行きます。
ジェルネイルは正しく行わないと菌が繁殖して危険みたいですね。
勉強になりました…。

 

クリアネイル