クリアネイル 爪水虫


爪水虫の部分をはがすとどうなる?

 

爪水虫は非常にポピュラーな病気のひとつで日本人の10人に1人がこの爪水虫に感染しているといわれています。
痛みなどの自覚症状がないため、感染していても放置している人も多いのですが、これを治療しないで放っておくと蜂窩織炎や、糖尿病性壊疽の原因となる可能性も高いのです。
現在では薬局や薬店で水虫用の薬なども手に入れることができますが、薬を塗ってもなかなか完治しないという人や、治ったけど再発したという人も少なくありません。
水虫というと足の裏や指の間にできるというイメージがありますが、爪に水虫が広がると、爪の白濁や肥厚、変形、また爪がもろくなってボロボロに欠けてしまうといった症状があらわれます。
爪水虫の治療として爪をはがすという方法がありますが、この水虫菌はカビ菌による病気なので爪をはがして顕微鏡で見てみることが大切です。
しかし爪をはがしたからといっても、水虫菌が残っていると新しく生えてきた爪も水虫になってしまうので、内服薬を服用する必要もあります。
医師の診断を受けるのが最も最短での治療となりますが、水虫というのが恥ずかしいようでしたら、現在の症状を伝えてみるのも良いでしょう。
爪水虫はありふれた疾患なので恥ずかしがる必要もありません。

 

クリアネイル