クリアネイル 爪水虫


爪水虫の症状を判断材料

 

水虫は足の裏にばかりできるものではありません。白癬菌というカビが繁殖する個所全てで発症する可能性があるのです。しかも柔らかい皮膚の部分にできるだけでなく、堅く覆われた詰めの内部にまで白癬菌に侵食されることがあります。それが爪水虫です。
爪水虫は、長年水虫を患っている人の多くが感染しているとされています。爪水虫かどうかは爪の見た目で判断することができますので、薬を塗っているのにいつまでも水虫が治らない人は、爪が水虫に置かされていないかどうか、自分の目で確認しておきましょう。
爪水虫に侵されている爪の特徴は、爪が厚くなっていたり、色が黄白色や褐色に濁っていたりします。また爪に数本の筋が通っていたり、表面がボロボロになっている爪も、すでに水虫に感染していると判断できます。
もしこれらの症状が確認できた場合は、まず皮膚科に行き専門医の診断を受けましょう。爪の中の白癬菌は奥深くに潜んでおり、堅くなった爪を通って薬が浸透するのは難しい状態にあります。市販の塗り薬などでは根治が困難ですので、医師が処方する飲み薬が治療には大きな効果を与えます。家族など親しい人に水虫をうつしてしまう前に、早めに対処することが重要です。

 

爪水虫の症状あれこれ

 

水虫は人間の皮膚の角質層にカビの一種である白癬菌が侵入し感染する事で起こります。白癬菌は高温多湿の場所を好むため、靴を履いていて湿度が高くなる足に多く見られますが、手や頭、爪などに感染する場合もあります。足や手の水虫は強い痒みと小さな水ぶくれ、足や手の皮がボロボロとむけてくる症状がおこります。足の爪の中に白癬菌が感染して起こる爪水虫は、感染してもすぐにかゆみ等の症状が現れない為、気づかないことが多く放置しがちです。爪水虫を発症する場合は足の親指に症状がでやすいので爪の状態を見てみましょう。足の爪の色が白く濁り、爪が厚くなってきたら爪水虫を疑いましょう。この他に爪がボロボロになり爪が伸びてこなくなることがあります。爪の表面がボコボコしたり、筋が出てきたりする場合があります。感染が進行すると爪に炎症を起こして、足の爪の部分に痛みを感じることがあります。放置すると他の指にも白癬菌が感染してしまうので、早急に病院で治療を受けことが大切です。爪水虫の治療には、飲み薬を服用しますが、少なくとも半年以上時間がかかり、勝手に治療を中断すると再発する可能性があります。最近ではレーザー光線による治療も可能となっています。

クリアネイル