クリアネイル 爪水虫


爪水虫の治療薬と副作用

 

爪水虫とは手や足の水虫の症状を長期間放置した結果、皮膚から爪の中へと白癬菌が侵入して発症したもので、なかなか治りづらい、厄介な病気です。
症状は爪が白や褐色に濁り、分厚くなります。爪には神経が無いので、痒みや痛みは感じませんが、爪が分厚くなりすぎると、靴を履いた時に圧迫により痛みを感じる場合があります。
ほとんどの場合、既に水虫を患っており、そこからの感染で発症します。また爪水虫は患部から別の部位に白癬菌が拡散する恐れがあるので、皮膚科の専門医による早めの治療が必要です。
皮膚科では爪の一部を採取し、顕微鏡による白癬菌の確認検査を行って、病状を判断します。
治療には抗真菌剤が使用されます。抗真菌剤には内服薬と外用剤があり、爪水虫には主に内服薬を利用します。これは内服薬の場合、有効成分が長時間爪の中に留まり、軟膏などの外用薬では届かない皮膚の奥にいる白癬菌を死滅させられるからです。抗真菌剤内服薬の服用期間は半年~1年の長期に及びます。
抗真菌剤には頭痛、胃腸障害、肝障害、白血球減少、光線過敏症などの副作用があるため、定期的に血液や肝臓の検査を行う必要があります。また、催奇形性もあるため、妊婦や妊娠の可能性のある女性には使用できません。

 

クリアネイル