クリアネイル 爪水虫


爪水虫は冬に治る?

 

爪水虫は痒さを感じやすい水虫と違い、痛みや痒みなどが感じにくいため気が付いた時には進行してしまっていることが多い水虫の一種です。症状としては、爪が厚くなってしまったり、爪の表面がボロボロになってしまう、爪の色が濁ってしまうなどが症状とされているため、このような状態の爪になっていたら爪水虫に感染している恐れがあります。足の水虫を治療せずにそのままにしておいても発症しやすくなり、白癬菌というカビが爪に感染してしまうことで爪にも水虫が発症してしまいます。爪水虫の場合、水虫治療用の塗り薬では治すことが出来ないので、水虫になったら早めに治療を行いましょう。水虫は高温多湿になる夏に発症しやすいと言われていおり、秋や冬になると治ったと思う人も多いかもしれません。しかし実際は、気温が下がることで菌の繁殖力が落ちるため痒さが夏よりは感じにくくなっているだけで完治しているわけではありません。しかし菌の繁殖力が落ちることで治しやすくはなるので、爪水虫もこの時期が最も治療をしやすい時期となるでしょう。しかし秋や冬でも暖房がかかった部屋やブーツなどにより高温多湿状態となってしまいます。足の温度が保たれることで菌を繁殖させやすくなってしまうので、注意が必要です。

 

爪水虫がうつりやすい環境

 

爪水虫は爪に感染する水虫の事ですがうつることもあります。
どのような場合に爪水虫にうつるのでしょうか。
まずは家族の中に爪水虫の人がいる場合です、本人が感染していることを知らず生活していますとあらゆるところに白癬菌をばらまいてしまいます。
ただ触れただけでは感染しませんがしっかりと白癬菌を落さなければ感染してしまうのです。
またうつりやすい環境と言えば家族で共有しているものが多いとなる可能性が高くなります。
例えばスリッパを共有したりバスマットを共有している場合です。
もちろんこれだけでも必ず感染するとは限りませんが清潔にしていなければ感染します。
家庭の他にも公共の施設でも感染しやすい環境はあります。
例えば浴場やプールなど多くの人が靴を脱ぐ場所です。爪水虫に感染している人が裸足になれば白癬菌が沢山ばらまかれます。
実際に調査の結果このような施設には多くの白癬菌が発見されているのです。
ですのでもしも菌をうつされたくないのであれば普段から指の間や爪の間などもきれいに洗うようにしてください。
また足が蒸れないように生活することも大事です。これを守っていれば公共の施設に行っても家族に水虫の人がいても感染しません。

 

クリアネイル