クリアネイル 爪水虫


爪の変形で疑われる病気

 

気がつくと爪が以前と違っているという方は意外と多いのではないでしょうか。
半透明だったはずなのに、白く濁ってしまっていたり、分厚くなっていたり、あるいは変形してしまっていたりする爪がある時は要注意です。
ぶつけて傷になっていたり、老化ということも考えられるのですが、もしかしたら爪水虫かもしれません。
水虫というと、足の指に水泡ができたり、ジュクジュクしていたりしてとても痒いというイメージですね。
爪水虫は、爪に白癬菌という水虫の菌が入り込んでしまう病気で、上記のような症状が特徴として出てきます。
初期段階だと自覚症状は何もないので気付かない方が多いですが、爪が分厚くなる、白っぽくなるという症状が初期段階です。
これが悪化すると爪の表面がボロボロになったり、変形してしまってまともに生えてこなくなるようになります。
更に悪化すると炎症を起こして足の指が腫れて痛くなったりします。
指の水虫よりも爪の水虫は治療に時間がかかり、悪化すればするほど治療に要する時間がかかるようになるので、できるだけ初期の段階で直しておくことが重要です。
普通の水虫と同じく人にうつしてしまうことも多々ありますので、感染が疑われる場合は足ふきマットなどの共有は避けるようにしましょう。

クリアネイル