クリアネイル 爪水虫


爪水虫を放置したらどうなるの?

 

水虫と言えば、足に感染して強い痒みを生じさせる症状の事を言います。ですがその水虫は、爪水虫として爪にも症状が出る事があります。
そもそも爪水虫とは、通常の足の水虫と同じく、白癬菌に感染する事によって起こってしまうものです。基本的にはまず、足の親指の爪から感染する事が多いので、足の親指をチェックする事で、感染しているかどうかを見分ける事が出来ます。水虫に感染している爪の特徴としては、本来の爪よりもぶ厚くなっている上に、色も白く濁り、形も変形していたり、爪が汚くボロボロになっていたりします。なので足の親指がこんな状態であるならば、感染している危険性があります。
そんな爪水虫を放置していたら、どうなるかと言うと、放置すればする程に、足の爪の見た目が悪くなります。というのも変形した上で、ボロボロになって行くので、見た目的にはかなり汚くなってしまうのです。しかもこの症状を放置していると、徐々に他の爪にも感染して行きます。なので足の親指だけでなく、他の爪も白く濁った上でボロボロになってしまうのです。
しかもこの爪水虫が厄介なのが、通常の水虫と同じ様に他の人にも感染する事です。つまり家族や恋人にも感染させる危険性があるので、早い段階で症状を見抜き、なるべく早く治療を始める事をおすすめします。

クリアネイル