クリアネイル 爪水虫


爪水虫の民間治療

 

爪水虫とは爪の中に水虫の原因である菌が入り込んでしまう病気のことを指し、通常の水虫と比べると治りにくく、他の爪にまで感染が広がることが多いため、早期発見と早期治療が大切になります。
爪水虫になってしまった場合は皮膚科を受診するのがおすすめですが、仕事が忙しくて病院になかなか行けないという人は民間治療を試してみるのも良いでしょう。
おすすめはお湯に酢を混ぜたものを洗面器にいれて足湯をするという方法です。酢には優れた殺菌効果があるため、爪の中に入り込んだ水虫をもやっつけることが出来るでしょう。ただし一度や二度の治療で劇的に改善するのではなく、一ヶ月や二ヶ月単位という長い時間をかけて爪水虫に付き合っていく姿勢が大切でしょう。
他にも緑茶を使った民間治療が有名です。緑茶に含まれるカテキンには優れた抗菌効果があるため、酢と同様に水虫に効果的に働きかけることが出来るでしょう。
どちらの方法も実践した人の体験談をブログやインターネットの掲示板でリサーチすることが出来るため、正確な行い方を調べてみると良いでしょう。
木酢液を使った同様の方法も人気がある民間治療なので、自分が気にいった方法を選択すると良いでしょう。

 

爪水虫の治療に保険はきくのか

 

水虫はカビの一種である白癬菌が足の皮膚の角質に棲みつき発生するものです。足に棲みついた白癬菌は角質を餌に増殖し、水ぶくれなどを引き起こすため水虫と呼ばれ、また同時に強いかゆみをもたらします。一方で爪水虫は、この水虫がもっとも重症化した状態と言えるもので、爪の下に白癬菌が繁殖している状態を指します。通常、水虫の治療では外用薬の抗真菌薬を使って治療を行いますが、爪水虫の場合には外用薬が効きにくいため内服薬で治療するのが一般的です。また内服薬を利用していても外用薬を併用しそのほかの水虫を治す治療も同時に行われます。
水虫に関する薬は市販品も多く、またさまざまな民間療法も存在していますが、もっとも確実に治せるのが皮膚科で治療することです。皮膚科では組織の一部を採取して、実際にそれが白癬菌であるか確認した上で治療を行います。場合によっては白癬菌以外の原因が考えられるからです。その上で薬が処方されます。基本的には外用薬で抗真菌薬と爪水虫の場合には内服薬が処方されます。水虫に関しては、健康保険の対象となっているので保険が適用され、市販薬を購入するよりも割安な価格で治療を行うことができるメリットがあります。

クリアネイル