クリアネイル 爪水虫


爪水虫のメカニズム

 

爪にも足と同様に水虫になることがあります。それを爪水虫といいます。
爪水虫は白癬菌というカビの一種が原因で起きる病気で、症状としては
・爪が白や黄色に濁る
・爪が分厚くなる
・爪がもろくボロボロになる
などがあります。爪には神経がないため痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。

 

爪白癬のメカニズムは、白癬菌というカビの一種が原因で、ケラチンを主食として繁殖していきます。ケラチンとはタンパク質の一種で、皮膚の角質や爪、髪の毛などの成分となっています。もともと足の水虫や手の水虫を持っていたまま放置すると、白癬菌が爪に侵入し、爪水虫になることが多いのです。
カビの一種であるため、高温多湿の環境を好み、タオルやバスマットを介して人から感染することもあります。

 

爪白癬の治療法は、基本的に内服薬による薬物治療です。白癬菌は爪の奥まで入り込んでいるので、外用薬による治療ではあまり効果がなく、内服薬が効果的だと考えられています。完治するまでには根気強く治療を続けることが大切で、一度治ったように見えてもまた再発する可能性も高い病気です。最低でも爪が全部生えかわる半年~1年はかかりますので、しっかり治療することが大事なポイントです。

クリアネイル