クリアネイル 爪水虫


爪水虫を予防するポイント

 

足の爪のトラブルとしてまき爪などがありますが、もう一つ厄介なものが爪水虫です。
水虫は指だけではなく爪にも付くのですが、それは水虫の栄養源であるケラチンが爪の成分であり、水虫にとっては爪は好環境なため爪にも水虫が繁殖します。
爪水虫の正体は白癬菌という真菌による感染症で、感染経路は水虫感染者との接触によります。
例えば水虫感染者のスリッパをはいたら、自分の足に水虫菌が接触しうつるということです。
だからといって白癬菌が移ったからすぐなるかというとそうではありません。
皮膚の表面についた白癬菌が皮膚の中に住み着くまでは時間がかかりますから、毎日体を洗って清潔にすることが一番の予防法です。
でも、きれいに体を洗いお風呂から上がったとしても足ふきマットに白癬菌がついていては意味がありません。
足ふきマットは使う直前に用意して、使いまわしをしないことが重要です。
こういった湿度の高い場所は菌が増殖しますので、換気をよくして常に清潔に保つことが重要です。
家族と同居している場合などはスリッパを共有しないことも予防法になります。
家族に爪水虫の方がいる場合、床に白癬菌が付着している場合があります。
床はワイパーなどでこまめにふき取ることが最大の予防法です。

 

クリアネイル