クリアネイル 爪水虫


爪水虫の原因

 

水虫は白癬菌というカビが原因で発生するものです。
症状が足の指などに生じた時には足水虫と呼びますが、白癬菌が爪の中に発生して増殖してしまうと爪水虫と呼ばれます。
爪水虫は、爪の表面だけではなく裏側の皮膚にまで及ぶこともあり、完治するには爪や皮膚が新陳代謝で生まれ変わり白癬菌に感染した角質が取り除かれなければいけませんので時間がかかってしまいます。
ですので、感染の原因を知って予防対策をとることが重要です。
爪水虫の感染原因は、主に他の人の白癬菌がついた履物や床、バスマットなどを素足で触れてしまうことです。
そのため、素足で外出する機会の多い夏場などは特に気を付けなければいけません。
1日中サンダルなど靴を履いて外で過ごすのであれば問題ありませんが、室内に上がるような機会がある場合は、清潔な靴下を一足鞄に用意しておくなど対策を講じておきましょう。
一方で、一日中同じ靴を履くことで、足が蒸れてしまった結果爪水虫になってしまうことも少なくありません。
特に女性は冬場のブーツなど蒸れてしまいやすいので、適度に靴を脱ぐようにすることも大切です。
また足を清潔に保つことは白癬菌の増殖を防ぐ重要なポイントですので、一日一回は足をしっかり洗うようにしましょう。

 

爪水虫は何科で診てもらえるのか

 

水虫は足の裏の皮膚にできることが多いですが、ときには爪にまで及んでしまうことがあります。
爪の場合はかゆみなどはないものの、爪がボロボロになる、変色してしまうなど外見はかなり変化してしまいます。
そして放置しているとさらに症状が進んでしまう場合もありますので、できるだけ早く治療は行いたいところです。
皮膚にできた水虫の場合は、市販の塗り薬などでも対応できることがありますが、爪水虫の場合は塗り薬だけで改善するのは難しいものがあります。

 

爪水虫の改善には塗り薬よりも内服薬が効果的ですが、こうした薬はドラッグストアでは購入できませんので、医療機関で入手することとなります。
爪水虫の場合は、どの科で診てもらえるのかということとなりますが、皮膚の水虫と同じように皮膚科で診察を受けることができ、薬も処方してもらうことができます。

 

そして、爪が変形していたり、巻き爪の症状が出てしまうこともありますが、こうした症状の改善を行うのであれば外科に相談してみるのも良いでしょう。

 

医療機関の治療は効果的ですが、爪が生え変わるにはそれなりの期間も必要ですので、根気よく治療を続けていくことが大事です。
薬の服用は医師の指導に従い正しく行っていきましょう。

 

クリアネイル