クリアネイル 爪水虫


意外と女性にも多い爪水虫

 

季節がジメジメとした時期や、暑くなってきますと人を悩ますとされるものが水虫であります。
水虫というと敬遠されるわけですが、その主な原因はなにも不潔しているからなるというわけではありません。
その多くは公共の施設といったところで、人から感染することがほとんどです。
感染をしたからとすぐにその症状がでるわけではなく、比較的寒い時期は水虫の症状を感じることはないのです。
けれども暖かくなり、足元のむれが気になりだしたころに水虫は勢いをつけて菌の増殖がみられるようになります。
症状を感じるようになりますと、強烈なかゆみを覚えるわけです。
それには耐えられず、治療を始めるわけですが自分で治そうとするよりも皮膚科へ行ききちんと治す方が早い解決にもなります。
水虫の中でも女性に多いとされる爪水虫は、症状を感じないことから見過ごしてしまいがちであり治療にも時間がかかると言われています。
爪水虫の主な特徴は、爪の表面がデコボコとなったり色が白く変色することなどがあります。
治療にあたっては、普段の水虫とは少々治し方も違いがあり内服薬を使用することが多いです。
爪水虫もやはり皮膚科での診察を受け、適切な治療が望まることになります。

 

 

爪水虫と足の治療

 

爪水虫は爪白癬ともよばれる病気です。手足の白癬菌が爪に感染し爪水虫にかかります。爪水虫は初期の段階で治療すると簡単になおることが多いのですが、進行し末期の場合は病院で診察をし、長期に治療が必要になります。爪水虫の症状は初期では気が付きにくいことが多く、足の水虫から次第に感染し、爪が黄色から、黒く変色します。末期は爪が盛り上がりボロボロになり、崩れていきます。そこから他者に感染することがあり怖い病気です。高齢者や子どもなど免疫力が弱まっている人だけではなく、老人、若い男女に感染します。またはがれた爪から感染することもあります。感染しない対策としては家族が感染した場合はなるべく衛生に気を付け、お風呂などの感染しやすいところでは消毒などを行うことが大切です。感染してからでは手遅れですので予防することがポイントです。通気性の悪い靴はさけます。自宅ケアでなおすことができないときは必ず医師の診断を受けることです。進行を防ぐことも大事ですが、その前に予防を心がけることです。足のケアは若い女性の場合はネイルでおしゃれに気を使っているのでかかることは少ないでしょうが、知らないうちに他者から感染することが多いのです。健康管理は衛生管理です。予防対策を怠りなくすることが大切です。

クリアネイル