クリアネイル 爪水虫


爪水虫が自然治癒する可能性

 

爪水虫で悩んでいる人は多いのですが、これは爪の間に白癬菌が侵入して爪が白く変色してしまう症状のことを指しています。悪化すると靴が履けなくなったり、歩きにくくなったりしてしまうことがありますし、放っておくと家族や周りの人にも感染してしまいます。また、この症状は自然治療しないのですが、放っておくと悪化してしまうので注意しましょう。そこでできるだけ早く病院で治療を受ける必要があります。なぜ爪水虫は自然には治らないのかということですが、それは皮膚の角質層は白血球が到達できないエリアだからであり、新陳代謝よりも早く増殖してしまうのです。そこで予防をしっかりと行っておくことがなにより大切です。ちなみに、白癬菌の感染予防はそれほど難しいものではなく、白癬菌が皮膚についてから感染するまでには24時間かかるとされているため、一日一回しっかりと洗い流せば感染することはないでしょう。つまり、入浴の時に毎日しっかりと足の裏を洗っていれば、爪水虫になる心配はほとんどないのです。また、爪水虫の予防には足湯もかなり効果的であり、白癬菌の活性化を抑えたいという場合、40度以上のお湯に毎日入るようにすると良いでしょう。

 

 

爪水虫を自宅で治すコツ

 

爪水虫は白癬菌という足に繁殖しやすい菌が原因となって起こるものであり、爪と皮膚の間にその菌が入り込む事で症状が出てしまいます。
傷などとは違い、目に見えない菌がはびこっている状態ですから、自宅で治すのはなかなか難しく、出来れば病院に相談した上で、飲み薬や塗り薬を併用しながら治していくのが良いでしょう。
しかし、病院にはなかなか行く時間がなく、少しでも進行を抑えるために、自宅で何らかの対処をしたいという方もいらっしゃるでしょう。
爪水虫については、薬が全く市販されていないわけではありません。
一般的に病院に処方されたものを使って改善させていくものなので、薬局に置かれている薬の数がきわめて少ないのは確かですが、応急処置が可能なものはあります。
こういった市販薬を使用する際に気を付ける事は、患部に直接塗るばかりではなく、爪の生え際にも塗るという事です。
菌は生え際にまで浸食している可能性があり、その部分に菌がはびこっていると、どんなに患部を治しても、新しく生えてくる爪にまた影響を及ぼして、菌を増やしてしまう恐れがあります。
足に発症する事の多い白癬菌ですから、足の爪の付け根あたりにまんべんなく塗布するのが良いでしょう。

クリアネイル