クリアネイル 爪水虫


爪水虫はなぜ『塗り薬』が効かない?

 

爪水虫は『塗り薬では治らない』と言われています。
というのも、爪水虫だと、塗り薬を使おうとしても、『爪の中』まで浸透しないからです。
表面的には薬を塗ることができますが、爪の中までは効果が届かないという欠点があるのです。
軽症で、しばらく様子を見たいと言う時には、市販の塗り薬も良いですが、爪水虫の症状が悪化している場合は、塗り薬での完治は難しいと言われています。
それこそ、妊娠などの特殊な状態で、飲み薬の危険性が高い場合くらしか、医者は塗り薬を勧めないことが多いです。
では、『飲み薬』はどうやって爪水虫を治すのか?
爪水虫の飲み薬は、血流によって運ばれた成分が、体内から菌を殺すので、爪の中へもしっかり浸透し、有効成分が効くように出来ているのです。
表面部分しか濡れない塗り薬に対して、爪の内部へも効果がある飲み薬では、やはり飲み薬の方が効果が期待できます。
実際に、爪水虫の場合は、飲み薬によって完治する人が8割近くもいるようです。
それだけ爪水虫には、飲む薬というのが、常識化しています。
これまでずっと塗り薬で効果が出なかった人は、おとなしく病院にいって飲み薬を処方してもらったほうが、やはり完治が期待できます。

クリアネイル