クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルは自然治癒しない病気

 

グリーンネイルは、自然治癒しない病気です。
水虫と一緒で、放っておくと、ますます悪化してしまうのです。
グリーンネイルは、デキるだけ爪と爪の間に水分をためないようにすることが大事!
つけ爪が剥がれてきて、隙間が見えてしまった時が一番気を付けないといけない時ですね!
やはり隙間があると、水がたまりやすくなってしまいます。
水虫も、水浸しで、不衛生な状況が続くと、発症しやすいですが、グリーンネイルも同じです。
やはり爪に雑菌が繁殖してしまい、カビてしまうのが問題です。
出来るだけ浮きを発見したら、自分で綺麗に処置をするか、ネイルサロンへ行ってちゃんと直してもらうのが大事です。
ネイルサロンで直してもらうお金が惜しいとか、自己流で直してしまおうとする人は、後でグリーンネイルで後悔しても知りません!
もしもネイルサロンで修正してもらうようなお金がないのであれば、無理してつけておくよりも、思い切って、ネイルを止めてしまったほうが、爪の健康のためには良いですね。
修正するお金がないのであれば、最初からネイルはしない方が良いです。
もしくは、自分でちゃんと修正できるように、最低限の技術を身につけておくことが大事だと思います。

クリアネイル