クリアネイル 爪水虫


グリーンネイルの原因は緑膿菌!

 

グリーンネイルは、爪とジェルの間に緑膿菌が入った状態のことを指します。
軽症なタイプであれば、数習慣で治ると言われています。
しかし、症状が重い場合は、1年がかりで治すことになります。
グリーンネイルは、基本的には、飲み薬で治すのが一番だと言われています。
というのも、爪の中に入り込んだ緑膿菌は、塗り薬では届かないからです。
体内から薬を飲んで有効成分を体中に行き渡らせる方が効果的です。
そのため、皮膚科などでは、グリーンネイルの治療は、飲み薬を処方されるケースが多いです。
ただし、体質によって、飲み薬はダメな時や、爪にまで塗り薬の成分が届くと判断された場合は、塗り薬になることもあります。
市販薬でも、グリーンネイル対策の塗り薬が売られていますが、やはり塗り薬の方が、飲み薬に比べて、効果が薄いため、治療期間がかなりかかると言われています。
少しでも早くグリーンネイルを治療したい人は、やはり病院で、飲み薬を処方してもらう方がおススメですね。
逆に時間がかかっても良いから、あんまり病院には行きたくないって言う人は、市販の塗り薬でも、完治を目指すことが出来ます。
ただし、グリーンネイルの症状がひどい時には、病院での診察をお勧めします。

クリアネイル